記事一覧

Windows XP SP2(サービスパック2)にご注意

最近新聞や雑誌などで良く見かける「Windows XP SP2」というものがあります。
これは、Windows XPの小さなバージョンアップというか、大きな修正というようなものです。
今までに見つかっている問題点を解決し、なおかつ新しい機能を追加してくれます。
今回、大きな変更点として、「セキュリティセンター」の追加があります。
この「セキュリティセンター」は、ウィルス対策やハッカーなどの侵入対策などを管理する機能です。
これだけを聞くと、「Windows XP SP2」はとてもすばらしいもののようですが、「Windows XP SP2」を
インストールしたために色々な不具合が発生しているというご相談が大変増えています。
例をあげると、
・アウトルック・エクスプレスでメールが送信(または送受信)できない。
・Windowsが終了できない。
・音が鳴らなくなった。
・「危険にさらされている」と言うメッセージが出る。
・パソコンの電源を切ろうとすると自動更新がはじまる。
・パソコンの電源を切ろうとすると自動更新がはじまるが、
 自動更新が終わらない。
などです。
「Windows XP SP2」は郵便局などで、CD-ROMで配布されているようですが、Windows Updateでも
自動でインストールされてしまいます。
もし、「Windows XP SP2」がインストールされていまい、不具合が起きている方は、教室までご連絡下さい。
できる限り対処法をお調べして、ご報告いたします。
(時間がかかる場合もあるかもしれませんがご了承下さい。)
また、ご自分で対処できない場合は、有料になりますが、出張もいたしますので、ご相談ください。

script : Web Diary Professional 4.72 + Dynamic Drive . skin : RightBower