記事一覧

WinVistaその後 (2008/5/7)

2008年春モデルのVistaPCから、まともになったような気がします、標準で2GBのメモリーが乗っているからです。Vistaはメモリー2GBでまともに動きます、とくにウイルスソフトの動作の重いものをお使いの方は。
昨年買い求められた方は高い出費になってしまいました、なぜなら標準で1GBまたは、512MBのメモリーだと、そっくり2個1GBのメモリーと取替えなければならないからです。
先日、生徒さんの要望でVistaが動く性能のデスクトップPCにWindowsXPを載せて納品しましたが、速いこと速いこと、当然メモリは2GB乗せてます。ワード、エクセルの立ち上がりはもちろんですが、フォトショップエレメントも起動がすばらしく早いです。
Vistaですが、フォルダー構造の表示の仕方も????ですね。どうせなら、Macと同じように見えないようにしてしまえば良かったのに。
Vistaの非難ばかりお話してますが、Microsoftは、Googleに対抗するためYahooの買収とかで新聞を賑わしてますが、もっとユーザーの立場になって開発しないとこれからは難しいのではと思ってしまいます。
電気屋さんへ行くと、VistaのPCばかりです、でも大企業が使用しているのは、今だに新品のマシンにWin2000を乗せてというのが現状です。
くれぐれも、メーカーなどの策略にだまされないように、良いPCをお買い求めください。

script : Web Diary Professional 4.72 + Dynamic Drive . skin : RightBower